アグリテクノ事業

生命を育む志事
sources for people to live

私たちの礎である石灰で人々の役に立てないか?そんな思いから石灰で農薬を製造し販売を始めてから70年。今日では、農薬をはじめとして農業資材全般の取扱をしており、高知県下での農業資材卸売業では、有数の販売シェアを誇っています。

日本の農業の今(その1)
大きく変わろうとする農業。

日本の農業の姿でまず連想されるのが、ご高齢の夫婦が農作業する光景ではないでしょうか。
担い手の高齢化と後継者不足は社会全体の大きな問題となっていますが、農業を始めとする第一次産業では、特に深刻な問題となっています。
この課題を解決するべく取組が既に始まっています。 新しい農業の姿は、会社員として勤め、まるで工場のような大規模施設で農業生産を行う光景が見られるようになってきています。

日本の農業の今(その2)
ハイテクは身近な技術に。

新しい農業の姿は、AIやICTの新次元ハイテク技術を駆使した農業生産により、高収量・低コストの農業生産が実現されるようになりました。これまで感と経験がすべてと言われてきた農業において、農業に無縁だった人でもデータ活用することにより一定のレベルの生産管理が出来るようになり、担い手不足問題の切り札として期待されています。

日本の農業の今(その3)
人と環境にやさしいはあたりまえ。

今日の農業は、「安全」「環境」という言葉と一心同体です。
当然、使用する農業資材にも、異次元のような高いレベルの安全性や前例の無い厳しい環境基準が求められています。これは、資材だけに限ったことではなく、生産技術の場面においても同様であり、根拠に基づく、弛まぬ観察と判断によるサポートが求められています。

私たちは、単に商品販売だけではなく、
農業をトータルでサポートしています。

[取扱商品]
農薬・肥料をはじめとした農業用資材全般

PAGE TOP